うつ病について知ることで最悪の自体を免れる

黄色い模様

引っ越しのうつ

引越しうつ病で起こる症状

毎年春になるとかかる人が増えるといわれるのが、引越しうつという症状です。これは、会社などの転勤や大学への進学のための引越しの時によく起こるうつ病です。 引越しうつの原因は、新しい家のきれいな状態を維持しなければいけないという強迫的な心境になるからです。その他にも、引っ越しをした地域に馴染めず、新しい友だちもなかなかできないストレスによって発症します。 具体的な引越しうつの症状は、まず食欲がなくなって味覚がなくなります。その他にも、自宅で炊事をするのが億劫に感じたり、新しい家を見てむなしく感じます。さらには、お金のことに対して不安に感じたり、不眠や憂うつ感、意欲低下が2週間以上も続きます。また、白い壁をぼうっと眺めてしまう症状も見られます。

改善するための方法とは

引越しによるうつ病の症状を予防するためには、いくつかのコツがあります。まずは、引越しの際に友達を作るのに時間がかかって当たり前と割り切ることが大事です。最初から地域に馴染むのに時間がかかって当たり前と思うことで、人付き合いに関して気負わなくなります。その結果、精神的な負担を和らげることができます。 その他のうつ病の予防方法は、新しい家の部屋作りを頑張り過ぎないことです。最初から頑張り過ぎてしまうと、ふとした時に脱力感を感じやすくなるからです。なので、家の部屋作りについては、家族と話し合いながら少しずつ楽しんで行うと良いです。その他にも、うつ病予防には、その地域で何か習い事を始めてみるのも効果的です。習い事をすることで、ストレス解消にもなり、新しい友人も自然と増えます。

Copyright (c) 2015 うつ病について知ることで最悪の自体を免れる all reserved.