うつ病について知ることで最悪の自体を免れる

黄色い模様

仮面うつとは

仮面うつ病がもたらす具体的な症状

近頃、うつ病にかかる患者が日本では増えているといわれています。うつ病は、無気力な感情がずっと持続する精神疾患です。最近では、うつ病の中でも仮面うつ病に苛まれる方も増加しています。 この仮面うつ病の特徴は、無気力などの精神症状は全く見られず、身体の症状が全面に出てくる症状です。たとえば、胸部への圧迫感、頭痛・めまい、なにを食べても美味しくない、身体の慢性的な痛みなどです。その他にも、睡眠障害、性欲低下、下痢、便秘などがあります。この仮面うつ病は、患者本人が精神的なストレスを自覚しないので、自分がうつ病ということに気付きません。そのまま放置すると、仮面うつ病患者は自殺することもあります。なので、周囲がおかしいと感じたら、すぐに病院に診てもらう必要があります。

効果的な改善方法とは

仮面うつ病の治療方法は、主に病院でのカウンセリングや投薬療法となります。まずカウンセリングは、主に医師に現在の状況などを話すことで心の安寧を得る治療法です。 そして、仮面うつ病は身体症状が重症化するケースが多いのが特徴です。なので、治療のために、抗うつ薬の服用が効果的と考えられます。抗うつ薬の治療では、その人の症状にあった薬を医師が経験をもとに処方してくれます。先ずは少量から服用していき効果がない場合は、増量していくことになります。また、身体症状だけではなく、精神的に不安、イライラがある場合は、抗不安薬も一緒に処方されます。 その他の治療で大切なことは、ストレスをもたらすものから避難することです。たとえば、会社でストレスに苛まれる方は、しばらく休養する必要があります。休むことでストレスから開放されて、症状が快方に向います。

病状を快方に向わせるには

冬季型うつ病を治すのに大切なことは、積極的に日光を浴びることです。日光を浴びることで、目から光の刺激を受けてホルモンバランスをリセットすることができます。また、朝に太陽光を浴びることで、その約15時間後に眠りを誘うメラトニンの分泌を促進します。なので、生活リズムを安定させるためには、できれば太陽が当たる窓際で寝ると良いです。 その他の症状を改善する方法として、クリニックで行なわれる高照度光療法も効果的です。これは、蛍光灯より少し明るい光を1時間ほど浴びる治療法です。この光を浴びることで、体の生活リズムを調えてくれます。 その他にも、うつの症状はストレスも原因と考えられています。なので、ゆっくりとお風呂に入るなどして、ストレス解消に努めることも大事です。

Copyright (c) 2015 うつ病について知ることで最悪の自体を免れる all reserved.