うつ病について知ることで最悪の自体を免れる

黄色い模様

季節性のうつ病

季節性うつ病がもたらす症状

近頃、秋から冬に限定で起こるとされているのが季節性うつ病というものです。これは、10月や11月くらいの秋くらいから発症して3月になると収まるうつ病のことです。 具体的な症状は、まず通常のうつ病のように気分の落ち込み、憂鬱感、何に対しても興味がないなどがあります。その他にも、イライラしたり、一日の気分の落ち込みが激しくなるなどの症状があります。通常のうつ病と違うのは、日中の眠気を伴うほどの過眠、炭水化物や甘いものに対する過食症状、体重の増加があることです。 季節性うつ病の病因は、現在ははっきりと解明されていません。ですが、おそらく日照時間が減ることや、遺伝的な光感受性の減弱が関係していると指摘されています。

うつを緩和するための対策とは

季節性うつ病の予防策には、いくつかの方法があります。まずは、日中に定期的にウォーキングをして体を動かすことです。昼間に光を浴びることで、睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニン、うつ状態を改善するセロトニンの分泌を増やすことができます。これによって、精神のバランスが安定して、うつを改善できます。 その他にも、うつ症状を緩和するには、サバやアジなどの青魚を積極的に摂ると良いです。青魚には、DHAなどの抗うつ効果のある物質が多く含まれているからです、よって、食事で意識的に摂ることで、うつ症状の改善に役立ちます。また、普段の食生活において、炭水化物、たんぱく質など他の食品もバランスよく摂取することが肝心です。

Copyright (c) 2015 うつ病について知ることで最悪の自体を免れる all reserved.